乳がん検診では欠かせない2大診療科目について学びたい方におすすめ!

>

20歳代30歳代

健康保険証を持っていくこと

胸の痛みや、しこりなどの異常が心配で病院に行く場合は、健康保険証が必要ですので、忘れずに持参しましょう。
病院を選ぶ時は乳腺の病院やクリニックに行きます。
市町村区の総合病院や大病院には紹介状が必要であったり、直接行ってしまうと別途数千円の費用がかかります。
大病院の場合は予約に数週間かかる可能性もあり、心配が募らないようにするのであれば、近くの乳腺専門病院にまず行って診断を受けて、その病院から大病院への紹介状を書いてもらい、予約を取ってもらうことも出来ます。
その際に、大病院の地図や詳細、医師の名前や受診する科の名称も確認出来ます。
何科かわからない他は、病院の受付で聞きましょう。
初診の際は、初診表などに住所氏名年齢から、詳しい症状や期間、家族の病気についても詳しく手書きで記入することが多いので、心配なら事前に症状などをその都度メモなどに書いて持っていくのも安心できます。

知識をもっておく

ガンの治療方法は、一般的に、手術と薬物療法(化学療法)の抗がん剤治療と放射線治療が多いです。
その他も、造血管細胞移植、免疫療法、温熱療法他があります。
ガンのある臓器ごとに効果が違い、その治療法では治療出来ない臓器もあります。
ガンの高価な免疫薬が話題になるのも、末期ガンの進行ガンの患者にも劇的縮小で効果があった報告があり、大いに期待出来るからです。
まだ一部のガンの治療にしか、国の承認が出来ていないそうです。
その一方で、薬が効かなくなる人もいるので、薬の耐性が問題になっているそうです。
時期や病院の選び方で、治療方法も変わりますので、後悔のないように、しっかり正しい情報を得て自分で考えることが、大切です。


この記事をシェアする