乳がん検診では欠かせない2大診療科目について学びたい方におすすめ!

>

信号を見逃せない

多い年齢

他の臓器のガンの転移も、肝臓ガンは症状があまりないため、腹部のはりが気になったり食欲がなくなったり痛みなどと、肌や白目が黄色く黄疸症状になることで気付くことがあります。
肺への転移では咳が出たり呼吸が苦しかったりで疑われます。
腰や背中の痛みが継続して気になる場合は、骨への転移もあるので、大きな総合病院での検査が必要です。
食生活に関係があると言われますが、罹患率はアジアより欧米が高いです。
アメリカでも日系移民より白人が多く、日本に住む日本人より、日系移民の方が多い。
女性は30代から罹患率が増え、40代後半から50大前半がピークで、年齢とともに減少傾向です。
男性の乳ガンの罹患率は、女性罹患者の1パーセントくらいで、年齢層も女性より少し高いです。

要するに、早期発見での適切な治療が必須

遺伝性の心配もあり、第一親等(自分の親や子)で乳ガンになった血縁者がいる時は特に気を付けましょう。
良性乳腺疾患の罹患者も含まれます。
エックス線のマンモグラフィ検査で、早期の乳ガンの石灰化を発見でき、高濃度乳房がわかることもあります。
触診やエコー検査で確認されにくいものも、発見できることもあります。
エコー検査は、小さなしこりを発見するのに適しています。
普段から女性ホルモンや健康を管理する、意識を持つことが大切です。
生活嗜好品のタバコや酒も良くありません。
肥満や運動不足も危険性を高めます。
初経年齢が低かったり閉経年齢が遅いことも関係します。
出産経験がないとか授乳経験がなければ乳ガン罹患の可能性が高くなります。
初産の年齢が遅くなるほど罹患率が高くなるなら、社会情勢の一因が影響しているとも考えられます。


この記事をシェアする